2008年05月06日

甲府戦雑感

連休最終日はこの休み中、唯一の遠出。
マイカーで渋滞と真っ向勝負して、珍しく見事な勝利(渋滞なし!)。
しかしながら、勝ち点は持ち帰れず。
渋滞してもいいから勝ち点GETしたかったんだが。
ま、いい天気だったし、アウェイで負けても、残り2試合のホームで倍返しすればいいよ。

実力あるとことやると、チーム状況がよく判りますな。まだまだっすね。
まだまだ発展途上(と思いたい)ですが、とにかく連敗しないことが大事。
その、次の週末は鬼門の愛媛か。
そんなの関係ねぇ。(死語)
ホームだし、勝つしかねーな。

アウェイ遠征の感想はこちら。(録画見てないのでサラサラっと)
・昨日ギリギリで決めた甲府遠征だったが、早起き慣れしている我が家は何の問題もなく、全員が6時前に起床。これで連休中の我が家の起床時間は平均6時。「もう年だから目が覚めちゃうんですね」って言われそうだが(実際言われる)、全員がこの時間なんだからいいじゃねーか。
・ということで、予定通り7時ごろ出発。移動手段はバカの一つ覚えのマイカー。いろいろ調べたところ、連休最終日はそんなに混みそうもなかったし、自信を持って真っ向勝負。予定通り、スイスイと進んで8時台には現地付近まで到着。まずは温泉ってことで、朝早くから入れるこちらに。高台にあって眺めも良くGOODでした。

・温泉で体を休めて、「じゃ、現地に行きましょっか」ってことで途中で昼飯を買って、約3年ぶりの小瀬へ。駐車場はなんとか止められたんで、車中で昼飯をとってスタジアムに。俺は便所の場所も自販機の場所も覚えてたんだが、他のメンバーは覚えてない様子。なんでだろう。
・なんで、俺の先導でアウェイG裏入口から堂々スタジアム入り。しかし、アウェイ・エリアが狭すぎ。05年はカズ効果で大入りだったものの、もっと広かったぞ。すでに横浜な方々も結構着席されてたので、空いてるところを探して、なんとかスペースがGETできました。
・ここからが暑かったような。飯も食っちゃったのでやることねーし。ヴァンくんとやらがカートに乗ったり、自転車に乗ったりして楽しませてくれたが、「中の人、今日は暑くねーのかな?」なんて心配したりして。コールリーダーも「今日はしっかり給水してください。」と言ってたな。
・スタメンは予想通り。昨日こっそり錬見したし。ヤマタクが戻ってきて、カズもいるし、今後は面子どうするんだろうか。なんだか難しいね。

・ってことで、暑いのでボーッと過ごして、やっとのことでキックオフ。最初は攻めてたような気がするなあ。でも、藤田にSBの裏に球を配給されて、ピンチの連続に。セカンドボールが取れねーし、たまに攻めても変なところでカットされたりするし。なんだかなあ。
・で、セットプレーのこぼれ玉を押し込まれて失点。小山が弾けそうな感じがしたが、触れなかった模様。それ以上は判らん。しかし、セットプレーで中途半端なプレーから失点するのが多いような。なんとかせい。
・その後も押されちまってました。失点後のキックオフから思いっきりプレッシャーかけられて、そのままペース握られて。でも、どっちかと言うと、こっちがつまんないところで取られたり、パスミスしたりがきっかけで、サイドからやられてたんだが。
・なんとか1点に抑えて、後半勝負と淡い期待をしてみたが、根占が藤田に振り切られて、フリーでサイドからポヨーンと蹴ったら、そのまま入っちまった。全く動かない小山。なんじゃそりゃ。とりあえず「きっと、すげーブレ玉だったんだ」とウチの子1号に説明してみたけど、なんでだったんだろ。
・2点リードされたもんだから、いつもなら後半から出動される都並得意の“スクランブル作戦”が早くも前半から。エリゼウをCBに下げて長谷川投入。取り返そうって気持ちがよく判って、俺的には好印象なんだが。都並のコメントにあった「長谷川に古巣で錦を飾らせたかった」っていうのも嫌いじゃないけど。ま、結果出してナンボなんだが。で、そのまま前半終了。

・2点もリードされて折り返した時にゃあ、泣きながら地べたに寝そべって、最終的にはふてくされるってのがウチの子1号のパターン。去年の“寒かったアウェイ川崎戦”なんかは前半早々から地べたに寝てしまい、そのまま遭難しそうな勢いだったりしたんだが。しかし、今日は前節の5−0効果なのかまだ気持ちがまだ折れずに後半突入できました。俺も今年は2点なら可能性あるなと思ってたんだが。
・前半終了間際から池元のアップが急ピッチに。やはり後半頭からトモキチに替えて投入。トモキチいたのって感じだったのが残念。そう言えば、交替のアナウンスで「小野トモキチに替わり・・・」って言われてたような気がしたが。サポ暦4年のウチの子1号も先週までトモキチだと思ってたみたいだし(アホたれ)、しゃーないか。
・後半はとにかくガムシャラに点取りにいくという気持ちは見えてました。難波が裏に抜けたりしてチャンス作ってましたが。ただ、相手の2番がロングボールはことごとく跳ね返して、体の強いところを見せてました。さすがJ1で揉まれてきたって感じがしましたな。
・でも、なんとかアンディが強引に1点取って、4チョル入れてなりふり構わず最後まで攻めたんだが、あと1点が取れずジ・エンド。甲府にまた負けちまったよ。悔しいねぇ。

・最後までセカンドボールが取れず、後半はボランチに入ったアツが厳しくマークされて、効果的なボールが出なかったし(逆に取られてピンチになったり)。ドリブルの切れるチビッコ軍団を投入するのはいいが、もう少し組織的にできないもんかね。それに難波を替えちゃうとボールの出しどころがアンディだけになっちまうし。
・ディフェンスもどうにも安定しませんなあ。ハヤはなにやってんだろか。両SBはパッとしねーし。次は吉田いこう。少なくとも声は出るし。根占はボランチでしょ。

・さあって飯でも食って帰りましょうかと、駐車場へ向かう我が家の面々。そこで「ホームでは今年負けなしだし、次勝てばいいよ。」なんて前向きな発言のウチの子1号。もうだめだ発言をしないところに成長が見られる。偉いぞ。一方、ウチの子2号はほとんど試合を見てないので、特にコメントなし。声だし、手拍子はそれなりにやってるんだが、試合を見てないってのはどうか。寝ないだけましか。
・その後、無理矢理、早めの夕食へGO。17時前だから空いてましたな。ほうとうなんかを美味しく頂いて帰路に。高速も途中事故渋滞があったものの、それ以外はスムーズでした。小瀬に行くのは中央道に出るのが一苦労だが、乗っちまえば100km以内でETC割引も効くし、手頃な距離なんだが。でも、今年は終わり。次に行くのはいつになるかな。


負けはしたが、こっちはまだ発展途上(と思いたい)だしね。
今日の教訓をふまえて、チームのレベルを上げていけばいいんじゃないでしょうか。
今日のところはそういうことで。



横浜FC 1(0-2)2 ヴァンフォーレ甲府

<得点>
14分久野
33分藤田
73分アンデルソン

<警告>
53分八田
86分桜井

<交代>
37分 吉本(OUT)→長谷川(IN)
45分 小野(OUT)→池元(IN)
59分 難波(OUT)→ヨンチョル(IN)
68分 久野(OUT)→石原(IN)
76分 山本(OUT)→林(IN)
79分 前田(OUT)→輪湖(IN)

<入場者数>
14521人

posted by yoneza at 22:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | YFC match report 2008 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95867203
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

「ヴァンフォーレ甲府vs横浜FC」観戦記 〜「誰 誰 甲〜府〜」?〜
Excerpt:  全体の感想から先に書きますけど、やっぱり心のどこかで「油断」とか「甘え」みたいなのはあったのかなぁ、と思うしかないですね。先日のvs...
Weblog: Ali della liberta (in Stadio)
Tracked: 2008-05-06 23:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。