2005年06月26日

関東学院VS早稲田大学

毎週のように通っている三ツ沢での今シーズンのラグビー開幕戦、因縁の関東学院と早稲田の春のオープン戦を観戦。この2チームって公式戦じゃなくても、闘志剥き出しで盛り上がるね。試合内容はミスも多く、そんなでもなかったが、スタジアムの雰囲気が良く、楽しめました。

A,B戦ともに前半は互角、後半早稲田がワンサイドに攻めて突き放し、最後の最後で関東が少し反撃するという展開。下馬評では関東優位かと思ってたので、なにか拍子抜け。ちょっと関東は不甲斐なかったような気がする。今年は4年外しみたいなことはできないし、どうする春口さん。

両チームのビッグネームも皆、今一歩。
特に関東BK陣はほとんど活躍の場面なし。北川が球持ったのは、キック処理しかなかったような気が。有賀もオフェンス、ディフェンスともに目立たなかった。
五郎丸や今村は人に強いところは見せたが、こちらもそれほど見せ場なし。矢富イリュージョンは炸裂してたが、それだけだったな。
結局チームとして機能した方が勝ったってことか。早稲田の方がタックルや集散が若干良かったが、一番はラインアウトの安定度の差かな。関東は特にゴール前のラインアウトのミスで取られた後半のトライは頂けなかった。

まぁ、怪我人が戻れば違ってくるだろうし、今シーズンもこの両チームが大学ラグビーを引っ張っていくことになるだろうし、来年の年明けまでどうなるのか楽しみにしたい。関東はCTB陣が復帰してくればもっと良くなるように思うしね。

三ツ沢でのラグビー観戦は秋までお預けだが、こちらも楽しみに待ってます。
posted by yoneza at 11:05| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Rugby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。