2007年08月29日

清水戦雑感

今日はスカパー観戦。
それも家に着いたのは前半終了間際。

で、ご存知の通り、また負け。
ここ2戦あった“ちょっとしたワクワク感”はまったく感じず。
また横パスばっかりになってるし。

もうちょっとメンバーを考えよう。
まずはそこからですかね。
ガンバレ横浜FC!

雑感箇条書き。
・仕事中にスタメンお知らせメール。見た瞬間、萎える。山口、ナカジでCBに室井入れたのに片割れは和田チン。FWのサブが薮田って・・・
・モヤモヤしながら業務を継続し、なんとか終了。とりあえず急いで帰るも電車の中でキックオフ。
・ウチの子1号にメールすると「横浜攻めてる」と一報。ずっとなのか今だけなのか判らんなあ。聞く人間違えたー。
・雨の中、なんとか家に到着。もう前半終了間際だがスコアレスみたい。まあまあだったのかね?(あとで録画してたのを見たら前半の方が良かったような気はしたが)
・とりあえず前半終了。明日から学校のウチの子達に「風呂入れよー!歯を磨けよー!」と一喝。ドリフみたいだな。

・で、後半開始。今日はボムソクがイマイチ。カタタウもよう判らんかった。
・とにかく苦し紛れのミドルくらいしか攻め手なし。回すだけって、前半戦によく見た光景の気が。やっぱりここ2戦より退化してる模様でした。
・暫くして玉乃投入。今年一番プレー時間が長かったのでは。元気があってよろしいっす。
・「1点取れればもしかして」なんて思ってたら、室井が怪我で退場。ありゃありゃりゃりゃ。太田投入でO−38の2名のどちらかのフル出場が確定。ま、仕方ねーか。最初から二人も入れんなってことだな。
・相手も2名同時に替えたなと思ったら、左サイドを見ごとにかけ上げってきた戸田のセンタリングから失点。あーあ。
・その後も球を回すだけで、得点チャンスはほとんどなし。パウロは攻めてきてもパスばっかだし。可能性があったのはウッチーの強引な突破からのポスト直撃と最後の玉乃のシーンくらいか。
・ってことで、最後は鹿島戦ほどキープされなかったが、チャンスを逃して頭を抱える玉乃が映って、ジ・エンド。
・そして花火。スタンドで見てたら複雑だったろうなあ。
・横浜のチビッコの夏休みは終わり。8月のゲームも終わり。そして、また今月も勝ち星なし。だめだこりゃ。


結果的には監督交代のタイミングが悪かったのかね。
あんまり関係ねーな。あーあ。
あっ、新監督に言っておきたいことが。
ウチのホーム三ツ沢での試合はあと2つだけですけど・・・



横浜FC 0(0-1)1 清水エスパルス

<得点>
70分チョジェジン(清水)

<警告>
28分 和田

<交代>
63分 カタタウ(OUT)→玉乃(IN)
68分 室井(OUT)→太田(IN)
69分 市川(OUT)→戸田(IN)
69分 矢島(OUT)→岡崎(IN)
79分 カズ(OUT)→藪田(IN)
87分 フェルナンジーニョ(OUT)→岩下(IN)

●試合終了後コメント
(監督 ジュリオレアル)
今日の試合は負けましたが、素晴らしかった。自分たちにはいいゲームができたという確信ができた。
なぜならそれは、清水エスパルスがとてもいいチームで、さらに清水エスパルスのホームグラウンドでの試合であったからです。
次はホームゲームですのでサポーターの後押しもあるので、2日間で良い準備をして次の試合に臨みます。

posted by yoneza at 22:40| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | YFC match report 2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/53186924
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。