2006年09月10日

ヴェルディ戦雑感

アウェイ西が丘から帰宅。
勝てそうで勝てなかったドローゲーム。
選手もサポも気持ちが入ったゲームだったが、最低限の結果になっちまった。

勝てたなーとも思うし、あれを入れられてたら・・・というのもあったし。
まあしゃーないってことで。気持ち切り替えて行こうー。

すぐまた水曜には柏(餅)戦。
どっちも出場停止がいるなかでの”ガチンコ勝負”。
とにかく今度こそ負けられんぞ。

おっとサラリーマン泣かせの平日ナイターだった。
まず準備だ、準備。なんとかしないと・・・


西が丘の感想はこんな感じ。
・まだまだ暑いっスねー。蒸し暑いのが最悪だよなー。
・今日もウチの子1号は暑い中サッカーの練習。終わって少々休んでから西が丘へGOだ!
・我が家の移動手段はマイカー。開門前に西が丘近辺に到着するものの、目当てだった駐車場が空いてねぇ。
・仕方なく他の3名をスタジアム近くで降ろし、駐車場探しの旅へ。
・なんとか少し離れたところに見つけて、そこから歩いて西が丘へ。17:30頃到着したが、ゴール裏はもう結構入ってたな。
・なんとか座れるスペースは確保して、腹ごしらえをすまし試合を待つ我が家の面々。その間、少し雨がぱらついたりしてた。
・暫くしてスゲがアップに登場。と思ったら、他のメンバーもその後ろからだらだらと登場。いつものように1列で走ってくるわけでもなくバラバラだったので、「キャプテンJOがいないとダメなのか?」なんて思ったりもしたが、普通は室内で済ますような準備運動の途中だった模様。ボールを使ったアップが始まる前に整列して挨拶してました。
・スタメンにカズ、タッキーが。サブちゃんはサブ。調子悪いのかなーとも思ったが、「これは後半勝負のためだろ」とポジティブシンキング。
・今日は選手入場からスタンドアップ。三ツ沢もゴール裏はシートをなくして、立見席っぽくしちゃったらみんな立つな。こりゃ。
・移籍2戦目も小村応援団が来てました。この前は女性二人で旗振ってたはずだが、今日は男性1名、女性1名に。もう横浜のユニ着てて“ヨッコッハマ”コールまで一緒に。やるなー、小村隊。

・そして試合開始。いきなりピンチ。カウンターで広山が抜けて来たヤツは大ピンチだったが、なぜかノーゴール。キーパーも振られて、後は押し込むだけだったのにね。敵ながら「あれを外すのかよー」とあきれてしまった。
・その後もCKから5番の奴にヘッドであわせられ続け、3発目で遂に失点。先週のガブリエルに続き、“なんだこいつ第2弾”のゼ・ルイスとやらにやられた。セットプレーだけ存在感がある、変わった奴なのか?
・さーて、横浜の攻撃はというと、アレモンとタッキー、トモキチ、オッパーあたりのサイドからの上がりでそれなりに攻めてたなーと思うが、いかんせんあっち側はよく見えんかった。録画を見なければわかりませんな。
・タッキーとアレモンのシュートがクロスバーに防がれたりしてたし、途中からは一進一退だったような。
・そう言えばマルクスのゴールに向かってきたCKをアレモン様がハンドくさい神クリアーってのもあったな。一生懸命当たっても無い側頭部をさするアレモンが可愛かったよ。
・ということで1点リードされ前半終了。“アウェイは後半勝負で逆転”ってのが頭に染み付いているので、不安にはあまり思わなかった。

・ハーフタイムにマッチデープログラムに付いた番号での抽選会。ウチは003874、003875、003877、003786と持ってたんだが、当たったのは003876。ちょうどそれだけ持ってねーよって感じだった。先に降ろした3人が連続でプログラムを貰ってれば商品GETだったのにー。ついてねーな。
・あまりのピンポイント外しに少し落ち込むも立ち直って、後半もスタンドアップで応援開始。予想通り、サブちゃん投入で横浜ペースに。
・いい感じで攻め続け、遂にアレモンがGKと1対1に。よっしゃーと思ったら外しちまったー。怒る小村応援団のおっさん。あきれる俺。
・それでもまだまだ押し気味で、いい場所でのFKをGET。サブちゃんの蹴った球がアレモンに当たってゴールイン。同点となり盛り上がるゴール裏。でも、あれってヨンデのゴールじゃねーのか?
・その後もオッパーやトモキチのオーバーラップ、タッキーの個人技など、いい感じで攻め続けるもゴールは割れず。途中で入った富永が走り回って奮闘するもなんだか空回り気味だったような。
・相手は向こうのゴール側なので、やはりなんだかよく判らんかった。ただ、平本が前半から出てきてマルクスとの連携で攻められたら怖かったような気がしたが。
・終了間際、サブちゃんが足を痛めて自分で交代のしぐさ。通訳の人が何度も×マークを出すんだが、もう3人かわっちゃたし・・・と思ってたら、それが判って戻るサブちゃん。気合見せたようだ。エライ!
・ロスタイムにヴェルディのCK。悪夢を思い出すもなんとか凌ぎ、サブちゃんのカウンターは相手が得意としてる“ユニひっぱり”で防がれ、ジ・エンド。残念無念。

・チャンスもあったが、ピンチも何度かあったので、この結果は仕方ないかも。
・横浜ゴール裏はアウェイでは柏の葉以来の盛り上がりだったと思うが。試合中の“立って手拍子率”は今季最高ではないか?
・“スタジアムで寝る率”で上位にランクされているウチの子2号も最後まで立って応援。よく頑張った。ただ、背が小さいので同点ゴールは見えなかったとのこと。可愛そうだが早く大きくなるしかないな。
・なんだかんだ言って、これでヴェルディは終わったろう。でもラモスは「連勝するぞ」なんて言うんだろうな。そんなことはどうでもいいので、後は4クールにきっちり勝たせてもらおう。


痺れるゲームが続きますな。
次も大事なゲームだ。負けられん。
打倒、首位・柏(餅)!J1昇格へ前進あるのみだ。



横浜FC 1(0-1)1 東京ヴェルディ1969

<得点>
43分 ゼ ルイス
56分 アレモン

<警告>
76分 ゼ ルイス
86分 根占
89分 菅原

<交代>
45分 吉武(OUT)→アウグスト(IN)
60分 シウバ(OUT)→平本(IN)
61分 金澤(OUT)→根占(IN)
61分 三浦(OUT)→富永(IN)
76分 滝澤(OUT)→吉野(IN)
88分 マルクス(OUT)→大橋(IN)

<入場者数>
4641人

posted by yoneza at 00:05| 🌁| Comment(0) | TrackBack(2) | YFC match report 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23520026
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第38節 対東京ヴェルディ1969@西が丘アウェイ
Excerpt: 横浜FCは昇格に向けて後がないヴェルディとチケット完売のアウェイ西が丘で戦い、前掛かりなヴェルディに苦戦し先制されますが、後半頭からのアウグストの投入で息を吹き返してアレモンのゴールで追いつくとその..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2006-09-10 17:40

ダブルヘッダー観戦記「東京ヴェルディvs横浜FC」@西が丘
Excerpt:  さて、何とか試合開始直前に西が丘サッカー場に到着した私とササンガム隊長。「アウェイ自由席」へ行ってみると、既に二人分のスペースさえ見つからない位の客入りである(試合開始直前だから仕方ないが)。 ..
Weblog: Re:F's blogroom
Tracked: 2006-09-10 19:55
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。