2006年08月06日

水戸戦雑感

じょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ〜!!!
おっしゃーーーーーーーっ!!
勝ったどぉーっ!!

以上が今日の終了間際の雄叫び。いやぁー、興奮しました。
2点リードして気分的には余裕ぶかっましてたのがいかんかった。
危ねぇーよ。ホント危なかった。

冷静になると、後半不甲斐なかった。
終了後のインタビューで城も「気の緩み」ってたけど、昇格争いしてるんだから2点リードくらいで気を緩めてどうする。
とにかく“一戦必勝”だ。次も頼むぞー。

暑い夏のナイター観戦の感想はこんな感じ。
・ここ何日か暑いっすねー。先週の四国みたいだ。あーっ。
・そんな日でも、我が家はサッカー三昧。まずは朝っぱらから“みなとみらいの例の芝生のグラウンド”で子供サッカー大会に。
・昨日は電車で茅ヶ崎まで遠征。ご存知の通り、昨日もあちかった。しっかし、海岸まであとちょっとってとこまで行って、サッカーして帰るだけなんて。
・そして今日も朝9時でもあちーよ。屋根があっても関係ないね。なんとかしてくれ。
・終わって、子供サッカーダブルヘッダーに向かう我が家。次は練習試合だ。2つもサッカーの習い事しちゃいかんね。
・午後はマイワイフに任せて、ウチの子2号と家でのんびり。救われたよ。

・ということで、夕方まで休養して三ツ沢に乗り込む我が家・第一陣のオレとウチの子2号。
・と言っても暑いので着いたのは開門少し前。結構並んでたので少々ビックリ。みんなやるなぁ。
・少し並んで無事FカードGET!配られたのは19番と20番だった。今度サインもらおう。
・暑いのでビールがうまい。バンバン飲んで酔っ払う俺。ウチの子2号に「赤いよ、パパ」と注意される。日焼けじゃねーのか。
・スタジアムは日もかげり、風があって意外と過ごしやすかった。感謝です。
・リフティングの人達、ちょーうま。ゴール裏からは遠くてよく見えなかったけど。
・そして今日のスタメン。徳島と一緒。サブに秋葉。しばらくこれで行くのかね。

・後はいろいろあったような気がするが、よく覚えてないなー。ということでキックオフ。
・なんだか横浜ペース。でも球を回すだけのような。
・と思ってたらアレモンとサブちゃんのワンツーでゴール。サブちゃんの珍しい右足でした。
・続いて、FKからのこぼれ球をハヤがゴール。珍しい人(早川)がゴールしたもんだから、もうこれで勝った気に。これがいかんかった。
・徳島と違って3点目をなんて思ってたんだが、相変わらずもう一押しが出ず前半終了。
・珍しく山口がFKを2本も蹴ったりして。ゴールしたかったのかね。アレモンも強烈なのを何度か蹴ってたな。折角だからぶちこんでくれればなあ。

・後半に入りすぐに水戸に1点取られ、続けざまに同点にされる。2点リードを守れないという今年初めての出来事に気が動転した。
・アンデルソンはうまいね。体も強いし。ヨンデが結構やられてたな。
・横浜守備陣はなんだかミス連発。笠松で負けた時のようなプレー振りに、「こりゃまずい」と弱気になってしまった。
・ゴール裏は「ここで頑張って勝たせよう」って凄い気合が入ってて良かったよー。
・しかし、時折アレモンやサブちゃんがチャンスを作り、シュートするもゴールは割れず。一方水戸もシュートチャンスは何度かあるも、スゲが際どく防ぎ勝ち越せず。
・ツヨ、秋葉、タッキーと入れて見るも特に大きな変化なく、そのままロスタイムに。祈る横浜ファン。
・そんでもって惜しいシュートがポストに防がれたり。あー、もうっ。後で見たら早川だったのね。
・そして、そして、キャプテンJOの“さよならゴール”で勝ち越し。今日は多くの人が立ち上がって叫んでました。俺もその一人。

・いやー、しびれた。やってくれたよ、城彰二。“オレ達の城”、今後も頼みまっせ。
・MOMもキャプテンJO。「じょー♪しょうじっ♪」のコールを約3千人くらいの残った観客で捧げる。いい雰囲気だったー。
・城のインタビューで「まだ(観客が)少ないな。ねぇ、そうでしょ。皆さんのお友達を連れてきてください。」と。判るんだけど、フロントも集客の努力をしてくれよ。チケットが高いんだよ。回数券でも復活させろよ。
・実はウチの子1号は今日もエスコートキッズに当選。昨年1回、今シーズン2回の3回目。当たりすぎだ。
・ツヨ、新居(鳥栖)ときて今日は誰かなと思ったら、横浜の某選手だったみたい。
・潜入マル秘情報は「ヨンデとソンヨンが韓国語でしゃべってた」ってだけ。鳥栖戦もヨンデの相手が違ってただけだったような。
・一緒に入場した某選手に「オレって(サッカー)うまい?」って聞かれたらしい。ウチの子1号は「とりあえず『うまいよ』って言っといた。」だと。偉そうなガキって感じだが、聞く方もそんなの聞いてどうすんだ。

綱渡りだが、勝って良かった。
笠松の負けを倍返しできたんだろうか。
いや、そんなことはどうでもいい。
とにかく“一戦必勝”で柏(餅)に食らいていく。これだけだろ。

J1昇格へ“前進あるのみ”だ。


横浜FC 3(2−0)2 水戸ホーリーホック

<得点>
17分 アウグスト 
28分 早川
51分 椎原
54分 アンデルソン 
44分 城

<警告>
44分 早川
57分 小林
81分 内田
86分 吉本
89分 秋田

<交代>
61分 桑原(OUT)→秋田(IN)
66分 崔成勇(OUT)→吉武(IN)
78分 椎原(OUT)→マルキーニョ(IN)
83分 山口(OUT)→秋葉(IN)
86分 内田(OUT)→滝澤(IN)

<入場者数>
4258人

posted by yoneza at 23:32| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | YFC match report 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22017583
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第32節 対水戸ホーリーホック@三ツ沢
Excerpt: 横浜FCは、J2第32節をホーム三ッ沢で水戸ホーリーホックと戦い、前半2点を先行しながら気の緩みを衝かれて後半序盤に2失点。いやな展開となりましたが、最後の最後にエース・城が劇的な勝ち越しゴールを決..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2006-08-07 20:37
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。