2006年06月24日

神戸戦雑感

アウェイで4位神戸(ヴィ)との対戦は現地に行けず、所用もあってスカパー録画観戦。
なんとかスコアレスにもちこんで、勝ち点1を持ち帰ったってとこか。最低限の結果ではあるが、こういう貴重な勝ち点が今後重要になるのかもしれない。

しかし、菅野大明神は頼りになりますなー。神セーブだけでなく、エメルソン・トーメを怒らせて、イエローまで出させたりして。恐れ入りました。
このふてぶてしさも含めて日本を背負って立つ人材ではないか。ホント4年後のW杯を目指して欲しいよ。

これでトゥイードともお別れだ。いままで、ありがとう。また会おう!
そして、そろそろ暑い夏がやってくる。また気を引き締めて、柏(餅)に食らいついて行こうぜ。

本日の感想はこの通り。
・今日は横浜に残って子供の“木村和司杯”に。うちの大砲は不発に終わり、ついに敗れてしまった。チームとしては少しずつ成長してここまできたので、親としてはよくやったって感じ。また次の大会に向けて1歩ずつ積み上げていって欲しい。
・この“さわやかな敗戦”の後、神戸とのゲームがキックオフ。試合が終わってミーティングが行われる中、パパはこっそり試合状況をチェックしたりしてました。
・負けたって関係なく、試合後は楽しく遊ぶ選手達。そうそう、ものすごーく切り替えが早くて宜しいですな。また次の試合に向けて頑張りましょう。

・ということで、帰ってから録画観戦開始。
・結局、横浜の点が入りそうなシーンはほとんどなし。アグレッシブだった札幌戦とはうって変わって“とにかく守る”。ホント我慢我慢の90分でした。
・そんな中で、とりあえず一番の見所だったのは“GK対決?”かな。無謀な飛び出しのようで間一髪クリアする“一発レッド野郎・荻”と安定感あふれる菅野大明神のミスマッチのような、好対照なところが面白かった。しかし、相手の荻もなんだかんだで点を取られない。なんか侮れない野郎になりそうな気がしてきた。要注意人物として覚えておこう。
・そして、アツのFKは危険すぎ。一発食らわなくて本当に良かった。
・ポスト直撃弾を見切って動かなかったスゲ。(見切ったに違いない)このFKは、アツのコメントによると「蹴った瞬間には入ったと思った」みたい。それに対し、カズは「相手のシュートがポストに当たるのもうちの執念」と言い切っている。やっぱキングだなー。言うことが違うね。さすがだ。
・そんなアツのデンジャラスFKも含めて、今日はスゲの神セーブ・オンパレード。1VS1を何本もストップし、顔面セーブもあり、すごかった。今シーズン一番じゃないか。まぁこれまでも甲乙付け難いくらいにすごかったんだが。
・極めつけは試合後の“エメルソン・トーメとの言い合い”。“22歳の若造GK”と“プレミアでレギュラーを張ったDF”がなぜか一触即発。この怖いもの知らずのスーパーGKに日本の未来を託したいと強く思った。
・この2人を止めようと間に入るのは“くせものGK・荻”。おいおい、お前は前回対戦でスゲともめて、レッドもらったんじゃねぇのか。(前回の雑感参照)それなのに、なんで今回は仲介に入ったりしてんだ。良く判らんが、やはりこいつは侮れんな。

・スゲ以外の見所と言ってもなかなか難しいんだが、しいて言えばトゥイードに替わって新人・秋葉が初出場。去る人いればニュー・カマーもいるってことだ。でも、いきなり相手選手にトップ抜けされてました。少々心配だが、これからだな。
・そんな秋葉と途中交替したトゥイード。ラストゲームも結局勝てなかったが、1万人を超える観客の中でプレーできたので、思い出にはなったのではないかな。そうそう、ヨコハマな人もたくさん現地に行かれてたようで。お疲れ様。
・そして“パパになった”富永も久々に登場。でも、その大きさを活用する場面はなし。水戸戦の室井を上げた時くらいの放り込みやっても良かったんではないかねー。とりあえず新米パパ、ガンバレ!
・日に日に存在感を大きくする小林。終了間際に田中と接触した時、むかついたのか相手に近づいて行って、思いっきりガンとばしてた。なんか頼もしいぞ。そういやー、キックオフ直後のCKで叩きつけすぎて枠を外れたが、惜しいヘッドがあったなぁ。ゴールしたらなんかパフォーマンスしてくれそうな気がする。楽しみ。
・おっと忘れてた。ほぼ出続けてたトモキチがイエローで次節はお休みに。ついに出場なのか、J1優勝チームから来た彼が。柏(餅)戦も近いしなー。でも監督さん、とにかくハヤの右SBだけは勘弁してください。悪いイメージが・・・

・ほとんどノーチャンスの中、貴重な勝ち点1をGET。柏(餅)もロスタイムに同点にされ付き合ってくれたので、まぁ良しとしよう。
・こっそり“解説が田中孝司の時は全部勝ってた”っていうジンクスがくずれた。無敗は続いているのでこれも良しとしよう。
・そう言えば、スカパー中継の画面が非常に見難かったな。中途半端な日陰が原因なのか。このため「やっぱ次は現地で観戦したい」と緊急家族会議で意見が一致。次はいつかなと調べると“11/18(土)の第49節”って、すげーしびれそうなタイミングだ。行くしかないな、こりゃあ。早くも緊張してきた。

・これで6月は終了。3勝2敗1分と無難な感じだな。“無失点”とか“ホーム無敗”とか“無敗記録”とかいろいろあったが、最後まで続けられるわけはないし。でも、上位に食らいつくためにも最低“勝ち越し”は続けていかないとね。
・7月の初戦は“崖っぷち”ラモス・ヴェルディ戦。また蹴散らして、7月も合宿を張ってもらいましょうかね。ただし、気を抜いちゃいかんよ。しっかり準備しよう。
・その次の柏(餅)との一戦が“首位攻防・第一弾”なんてことになったら、盛り上がるんだけどな。そんな先のことは置いといて、ますは来週のホーム・ヴェルディ戦に集中だな。


横浜FC 0(0−0)0 ヴィッセル神戸

<得点>
なし 

<警告>
58分 小野 
86分 エメルソントーメ

<交代>
45分 栗原(OUT)→小森田(IN)
73分 トゥイード(OUT)→秋葉(IN)
73分 アウグスト(OUT)→北村(IN)
76分 ホルヴィ(OUT)→近藤(IN)
83分 三浦知(OUT)→富永(IN)

<入場者数>
11247人

posted by yoneza at 21:41| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | YFC match report 2006 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして札幌サポです、前々節は三ツ沢でお世話になりました。(毒)
トゥイード軍曹にはさんざん手こずらされた思い出がありますが横浜さんの選手では印象強い一人でした、お疲れ様でした。
実は僕、菅野ファンでもあり、彼のプレイスタイルっていいなと思ってる一人であります。
唯一欠けてるかなと思われる体の大きさを補うだけのあのプレイは代表選出されるに値するんじゃないのと思います、確実に横浜さんの堅守を担ってる要人の今後にも注目ですねガンバレ菅野。(札幌戦以外で:笑)
Posted by 箸 at 2006年06月25日 21:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック