2006年01月08日

ラグビー大学選手権決勝

今日はラグビーの大学選手権決勝をTV観戦。5年連続の早稲田VS関東学院の組み合わせ。最終的なスコアとしては早稲田の完勝って感じだが、内容はミスも少なく、レベルの高い見ごたえのあるものだった。個人的にはこれまで観た大学生のゲームで最もレベルの高い試合だったと思う。両チームともあっぱれでした。

早稲田のバックス良かったね。能力の高い曽我部、今村、首藤、五郎丸といったBK陣がうまくかみ合って、これにFWの1年生の豊田がラインに入って器用なところを披露したりして、ホント隙がなかったね。特に首藤の2トライは圧巻でした。1年生の時以来くらいのキレキレぶり。来年は佐々木、青木が抜けるFWの穴がうまく埋まれば3連覇いけそうだと思わせるくらいの充実振りだった。
おっとその前にまだ今年度の日本選手権で社会人との対戦があるんだった。BK陣が通用すればいけそうな感じがすんだけどね。次もいい試合を期待したい。

関東学院もいいチームだった。早稲田の豪華BK陣に厳しいタックルでプレッシャーをかけ続けたCTB陣は健闘してたと思う。小柳も気持ちが入ったプレーで良かったんだけど、有賀・北川智の切り札2人がほぼ完封されちゃったね。でも、9年連続決勝進出は凄いよ。もうラグビー伝統校の仲間入りだよ、春口さん。来シーズンもいいチームを作って欲しいね。

表彰式が終わり、早稲田が記念写真などではしゃいでいる時に関東学院のキャプテン有賀が号泣しているシーンが映った。これ観て、とてもうらやましく思ったよ。あれだけ泣けるほど打ち込めるっていいよなぁ。俺は大学最後のゲームが終わったとき、泣けなかったなぁ・・・

まぁとにかくいい今日は面白いゲームを見せてもらいました。選手の皆さん、ご苦労様でした。

posted by yoneza at 23:10| ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | Rugby | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11473504
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

ラグビー大学選手権 早稲田日本一
Excerpt:           早稲田 41−5 関東学院 (国立競技場 14:12 キックオフ  観衆 30,163人) 終わってみれば、圧勝。 “最強のチーム”と謳われ、圧倒的との下馬評どおりだった。..
Weblog: うぞきあ の場
Tracked: 2006-01-08 23:53

ラグビー大学選手権 決勝
Excerpt: 早稲田が荒ぶるを手に入れました!! ※荒ぶるとは、早稲田が大学日本一になった時のみ歌える第二部歌です。 荒ぶるTシャツ 佐々木組ver 国立にて、大学選手権の決勝を観戦してきまし..
Weblog: 雨のち晴れ
Tracked: 2006-01-09 00:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。