2005年12月03日

12月の三ツ沢

今期J2最終戦、三ツ沢での横浜FC VS 湘南を観戦した。これで我が家はホーム皆勤賞達成!と言ってもホント勝ち試合が少ないのであまりいい思い出はなかったけど。今日は思い出に残る試合を期待して早めに家を出た。

最終戦ともなるとイベント、プレゼントが多いので開門1時間位前から並んでみた。カズが来た頃と比べて人も減ったみたいだったけど、寒い中1時間も並んだおかげで「ふくしまの米」「カズ&城のFカード」「アンケート答えて貰えた横浜FCグッズ」と全てをGET。席もバックの最前列を確保し、試合開始を待つ。

グラウンドに最初に現れたのは監督。案の定、G裏の連中に呼び止められ話をすることに(写真↓)。内容は知らんが20分くらいは話してたと思う。その後も時間があったので「選手との記念撮影会」をフラッと観に行ってみた。今日はお休みの吉武など4選手が登場(写真↓)。なぜかG裏の酔っ払い連中が選手を冷やかしにきてた。なんだか悲しかったよ。



席に戻ると、ちょうど「ふくしまの米、11月のMVP」の表彰が始まる。受賞したのは徳島戦でハットトリックを記録した富永(写真↓)。それが終わってふと横を見るとGK練習が始まっていた。今日もスタメンは小山でスゲはサブ。スゲは残ってくれるのだろうか?この二人が見れるのは最後かもと思い、とりあえず撮っておいた(写真↓)。










その後すぐにフィールドプレイヤーも登場(写真↓)。スタメンに信義、シルビオ、高田、浮氣。サブに重田(写真↓)と来年はここにいない面々もおり、我が家もしっかりアップをチェック。シゲはサブのパス回しに入らず、黙々とグラウンド中央をランニング。やっぱ怪我してるみたいで、試合中もあまり走れなかった。










アップも終わり、選手入場が始まると先頭はキャプテンマークを巻いた信義。泣かせる演出だった。G裏も「オノシンギ、アレ!」を連発し、いい雰囲気でキックオフとなった。
開始から横浜FCが押し気味で展開して、いきなりシルビオのミドルが炸裂し1点先制。その後も押し気味で試合を進めるも追加点が取れず。信義、高田あたりに何度かチャンスがあるも決められなかった。
前半20〜30分くらいから徐々に湘南が押し気味に。DFの裏に放り込まれ早川が今年見慣れた危なっかしいプレーを連発。そろそろかと思っていたら、やっぱりバリシッチに押し込まれ同点となり前半終了。



後半に入ると完全な湘南ペース。なすすべもないって感じで3点取られジ・エンド。
遅ればせながら富永投入でパワープレーかと思ったら、DFに入れ3バックに。TOPに入れればバリシッチが幅を利かせてた相手DF陣に一泡吹かせそうな気もしたのでガッカリ。足元で回せないんだから空中戦でいきゃあいいのになぁ。
そして今日で引退の重田が登場。満足に走れない感じだったが、相変わらずいろんなところに顔を出してた。極め付けは高田が2枚目のイエローで退場。最後は見慣れた10人で今シーズンを終えました。



終了後はGM、監督、城の順番でご挨拶。前二人のはブーイングでまったく聞こえず。城はあまりにも“しんみり調”のコメント。「これが今の実力。選手、フロント、サポータがもっと一体になって、変わっていかないとJ1には上がれない。」みたいなことを言ってた。そうなんだろうな。

城のあまりにもしんみりした挨拶に続いて、年間MVP発表、重田の引退セレモニーと終わり、選手がグラウンドを1週。信義と重田は握手をして回ってた(写真↑)。 横浜FC創設時メンバーで残ってた2人が去っていき、同時にクラブとしても大きな変化が訪れている。更に飛躍するためにどのように変わっていくのだろうか。まだまだ先は見えない。

posted by yoneza at 21:05| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | YFC match report 2005 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

[横浜FC]J2第44節 対湘南ベルマーレ@三ツ沢
Excerpt: 横浜FCは2005年J2リーグ戦最終戦をホーム三ツ沢で湘南ベルマーレと戦い1-4で惨敗。 今年を象徴する内容で2005年度を終了しました。試合終了後にはGMと監督の挨拶はブーイングで聞き取れないほど、..
Weblog: ウタカタ ノ ヒビ
Tracked: 2005-12-04 11:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。